私の重点政策

今までも・・・
そして、これからも!

魅力あふれるさいたま市

 人口130万人を超え、住みたい街に大宮が9位、浦和が10位にランク付けされた「さいたま市」。
また予算は、ついに1兆円を超えるまでに成長しています。
今後はこの人口と予算を有効に活用し、さらに魅力あふれる
<さいたま>を作っていきます。

議員数削減

市会議員も国会議員も多すぎます!
私の提案は、とりあえず、まず2議席減らして58にすることです。
これまで議会で提案してきましたが、多くの議員に「反対」され否決されてきました。
めげずに、さらにがんばります。

見沼区のイメージアップ

道の駅・ショッピングモール(小深作・宮ヶ谷塔)、スポーツ・レジャー施設をともなった温水プール(膝子)、LRT(低床式スーパー市電/片柳地区)の完成による魅力アップ。
10区で最高の充実率をほこる消防力で安心・安全なまちづくり。
見沼区をもっとイキイキさせ、ステキな区にします。

合併・政令市の総決算

3市合併の最後の課題は、<さいたま>のシンボルとなる新しい市役所の建設です。
現在、合併時に約束した新都心周辺に建設する方向で、着々と進んでいます。
3市合併の時の大宮市議会の最高責任者であった私が、責任をもって取り組んでいきます。

こども・女性・障がい者

こどもたちに光をあてた政策(給付制奨学金、医療費完全無料化など)。
女性が働きやすい環境づくり(保育園や学童保育の待機児童ゼロ作成。保育園、幼稚園無料化など)。
ハンディキャップのある人たちが活動しやすい街づくり(バリアフリー)。
そして手話言語条例の制定を実現します。

《見沼区》を日本1に

昨年、「大宮」が「渋谷」(11位)や「自由が丘」(13位)「鎌倉」(14位)をぬいて、「住みたい街」の第9位にランクされました。 ちなみに「浦和」は10位でした。
そうした背景のもと、住みやすさ日本1の<見沼区>、環境と景観を生かした、風格のある街づくりをめざします。

議員を減らそう

市会議員も国会議員も多すぎます!
私の提案は、まず2議席減らして58にすることです。
これまで議会で提案してきましたが、多くの議員に「反対」され否決されてきました。
これからも、めげずに提案しつづけます。

日本を創った高齢者たちを大切にしよう

戦後の<焼け跡><ヤミ市>から、日本をよみがえらせてくれた主役の皆様への恩返しは、絶対に忘れてはいけない。
福祉・医療・介護・保健のさらなる充実を実現します。

障害者の自立に向けて

障害のある人も、ない人も、すべての市民がともに学び、働き、暮らす街づくりを進めます。
ノーマライゼーションを進めます。
手話言語条例を制定します。

未来の主役 ― こども・教育

最近、思いっきり笑っているこどもを見かけましたか?
瞳がきらきら輝いている、わんぱく小僧を見かけましたか?
こどもが元気な街を<教育面>から考えていきます。

牙(きば)をむき始めた自然・環境

地球が、今大変なことになっています。
わたしたちにできることは、なんでも取り組んでいきましょう。
<さいたま>を自然再生型都市のモデルに--とりくんでいます。

待ったなしの防災対策

いつきても、おかしくない巨大地震。
阪神・淡路大震災から15年後に、東日本大震災が発生し、その後熊本地震、大阪地震、巨大台風、北海道などで地震がおきています。
災害においては、「想定外」は許されません
防災対策を強化します。